礼服のレンタルなら、お任せ下さい

HOME > お役立ち記事リスト > 注意すべき喪服着用時のヘアアレンジ

注意すべき喪服着用時のヘアアレンジ
喪服の写真02
葬儀の際 皆さん気に掛けるのが喪服着用時のヘアアレンジですが、意外とマナー違反になることが多いのです。一言でいうと、見苦しいものは駄目です。長い髪が揺らぐシーンは素敵ですが、葬儀の場ではふさわしくありません。お焼香やご遺族、お坊様にお辞儀をする際、その度に髪の毛がバサバサしてはみっとも無いだけですね。長い髪なら、邪魔にならない様に、事前にまとめましょう。自分で頭を下げてみて、上げた際に髪の毛が邪魔になるなら、髪の毛を耳よりも下の位置で後ろにまとめてください。その際も、髪飾りは基本的に黒。黒ゴム、黒のヘアピンを使います。バレッタやリボンもシンプルな黒一色のデザインなら大丈夫です。できるだけ派手にならない様に、意識しましょう。着物の場合は、美容院でセットをお願いするなら事前に「葬儀で喪服を着ます」と伝えてください。通常の着物着用時であれば、髪の毛にボリュームを持たせたほうがバランスが良いため、ふっくらセットします。でもそれは、喪服のヘアアレンジにおいては不適当です。美容師さんもプロですから、葬儀なら着物で喪服のヘアアレンジもすっきりとした形にしてくださるでしょう。もちろん時間が無くてご自分でセットする場合は、いつもよりも心持ち下の位置でまとめ、付け毛も小さいものにします。色は黒。ヘアスプレーも香りの少ないものにして下さい。故人を偲ぶ思いは装いにも表れます。ご遺族の気持ちを察すれば、自然とマナーに結びつくものです。

ヘアスタイルに無頓着な考えをもつ人が存在しています。通常の生活を送り続ける限り、彼らが他人に迷惑を掛ける事はありません。しかし厳かな雰囲気で行われるイベントにおいて、ヘアスタイルが問題になる事はあるのです。例えば死者の魂の鎮魂を願う葬儀はヘアスタイルが重要になります。普段は奇抜な髪型をしている人でも、喪服着用時のヘアスタイルに修正して、葬儀に参列しているのです。よってヘアスタイルへの意識が希薄な人でも、不格好にならない様にすべきだと言えます。しかしヘアスタイルは普段から考えていなければ取り組む事が難しい問題です。初心者が独自の考えで物事を進めても、悲惨な結果に終わってしまいます。だから喪服でのヘアスタイル特集記事が重宝されているのです。特集記事では髪の毛の長さに応じて、葬儀で利用出来るヘアスタイルが紹介されています。ヘアスタイルが掲載されている情報誌と同じ様な感覚で変身出来るのです。髪型に疎い人だけでなく葬儀用のヘアスタイルに不慣れな人も、特集記事を集めて参考にしています。最近ではウェブサイトに残っている記録から、過去に特集された記事を読む事は可能です。だから喪服着用時のヘアスタイルの特集記事を収集する事は簡単だと言われています。
喪服の写真01