礼服のレンタルなら、お任せ下さい

HOME > お役立ち記事リスト > 葬儀に必要な小物って何?

葬儀に必要な小物って何?
喪服の写真02
葬儀に出席する際に、必要な小物は何かという事に多くの人が戸惑いを覚えることと思います。喪服は勿論のことですが、更に必要不可欠なものは何かと、右往左往するうちに、葬儀の刻限が迫ってしまう・・ということになりかねません。女性の場合は長髪の場合、髪をまとめるのにバレッタや髪ゴム、シュシュが必要になります。喪服との兼ね合いも考えて、黒のヘア小物を身に付けるように努めたほうがいいでしょう。また、親族の葬儀の場合、女性で あれば台所の仕事を任される可能性も否めません。エプロンなどの用意を怠らないようにしましょう。男性の場合は、華美な時計などは避けましょう。カフスが必要な場合は黒石を使用するのがマナーとなります。ネクタイピンなどは控えるのが無難です。夏の蒸れやすい時期には黒靴下を数セット持ち、備えましょう。喪服を浮き立たせないように細心の注意をはらい、小物を揃えるのが、男女共通して大切な心構えとなるのです。また小物の色は、黒にすることも忘れずに。どうしても、黒が用意できない時には紺色か濃いグレーを使用します。ヘア小物であれば、スーパーや薬局、100円ショップでも用意できますので、突然のことに慌てないよう行動したいものですね。

葬儀に参列する際は適切な喪服の着用と共に、必要な小物に対しても細心の注意を払わなければなりません。そもそも喪服というものは、遺族や故人への弔意を真摯に表すものとして機能している一面があるわけですから、それと不釣り合いなほどの派手な小物を持って行くのはあまりに非常識です。小物に関してもできる限り、黒や紺、グレーといった基本的に地味な色のものをきちんと用意しておくようにしましょう。一般的な葬儀の際に必要な小物としては、袱紗や手袋、ハンカチ、数珠等が挙げられます。それらを収納するバッグも光るタイプのものや、金具が派手なものの使用は控えるようにしてください。ちなみに手袋を着けて参列する場合、焼香を行う時にはきちんとそれを外して対応するのがマナーです。また、アクセサリーに関しては、必ずしもすべてがNGというわけではないのですが、これもきらびやかなものは葬儀の場に持ち込まないようにしましょう。特に二重になった真珠のネックレスは、不幸事が「重なる」というイメージが連想されますから、葬儀の時に身に着けていく小物としてはマナーに反しています。十分に気をつけてください。
喪服の写真01