礼服のレンタルなら、お任せ下さい

HOME > お役立ち記事リスト > 結婚式にあわせる靴は?(男性) 

結婚式にあわせる靴は?(男性) 
喪服の写真02
結婚式に参列する男性の靴は、黒の革靴が定番になります。余計な装飾や穴飾りといったデザイン性のない、シンプルなタイプの革靴を選びましょう。ストレートな切り替えのクラシカルな紐タイプが一般的ですが、紐のないプレーントゥでも問題はありません。ただし空間がある分くすみも目立ちやすいため、事前によく磨いて状態をチェックしておくことをおすすめします。 そうした定番に対して、おしゃれに敏感な男性が、あえてブラウン系の色を選ぶという姿もちらほらと見られます。ファッション性を意識したチョイスは、近年ではそれほど非常識といった評価にはなりません。 とはいえ正式なマナー的にはグレーゾーンとなるため、取り入れる場合には注意してください。足元だけが強調されず、全体的に違和感なく決まれば成功、アンバランスになれば目についてしまい失敗です。 上級者のテクニックへの挑戦を試みつつも、結婚式という舞台は常に意識しなければなりません。おしゃれでも殺生を連想させる、動物の皮デザインのものは絶対にNGです。

年を重ねるごとに、結婚式に呼ばれる機会が増える男性ですが きちんと大人の男としてのマナーを持っていることが、仕事の デキる男の条件とされます。ここはひとつ基本から自分の 知識を見つめ直してみましょう。意外な常識が浮き彫りになる かもしれませよ。 結婚式にあわせる靴ですが、そのままビジネスシューズを履く のは無粋です。磨かれたフォーマルに相応しい靴を用意して おくことが、大切です。その際、正装のフォーマルシューズは 紐付きのストレートチップとされています。また色も黒が基本 ですが、カジュアルな結婚式では茶系も良いという風潮が出来つつ あります。参列する結婚式が、どの程度カジュアルなのかを 見極めてから、靴を選びましょう。しかし、一番は無難に黒の 靴を履くことです。そうすれば、相手を不快にさせることも ありませんし、恥をかくこともないからです。 さらに紐付きのストレートチップの靴であっても、ワニ革など 型押し系の靴はいけません。動物の死を感じさせるものは 縁起が悪いと忌避されますので、ご注意ください。合成のフェイク であっても、見破られないのであれば同じことです。
喪服の写真01