■大雨による遅延について
大雨による影響で、全国的に遅延が発生する可能性がございます。また、熊本県大分県島根県岐阜県長野県につきましては、配送できない地域がありますので、ご注文をお断りする場合がございます。あらかじめ、ご了承くださいませ。
■詐欺サイトにご注意ください
近頃、「詐欺サイト」が急増しております。当サイトをご利用のお客様が被害に遭われませんよう、対策のポイントをご案内させていただきます。何卒ご注意いただきますよう、お願い申し上げます。

芸能人の服装を安易にマネないように! 【赤穂、明石なら明日お届け可能】

テレビや情報誌を見ていると、派手な喪服を着ている芸能人を
見る事があります。芸能人は顔と名前を覚えてもらうことが大事
ですから気持ちはわからなくはありません。そのため、表に出る
場合は少しでも目立てるファッションを意識しているのです。

 

しかしマナーとして正しい服装をされているかといえば、そうでは
ありません。たとえば、某歌舞伎役者の葬儀においては、ノース
リーブの喪服(すでに喪服かどうかも疑わしいですが ^^;)で参列
されている女優さんを見た事があります。考えもしない服装に、思わず
TVのまえで固まってしまいましたが、葬儀の席においてはなるべく肌を
出さないようにするのがマナーですから、この女優さんの服装は
完全に「論外」といえます。(まわりの人も何もいわなかったのかな?)

 

スーツ ポイント 男女

 

一方、20代前半の新人の女優さんは、しっかりと髪を束ねて落ち着いた
服装で参列された方もいらっしゃいます。ご両親の方がきちんと教えて
あげられたのでしょう。とても好感がもてました。

 

「個人の勝手!」などと開き直る方もおられますが、そもそも故人に
対しての慈しみや弔いを考えれば、「個」を出すこと自体がナンセンス
なのです。芸能人に学ぶべきことも多いですが、すべてが正しいこと
ではないということを覚えておきましょう。

 

礼服レンタル.com