配送時間

ベストを着用するとき 【喪服なら、当店にお任せください】

お通夜や葬儀の知らせは急に来るものです。あわてて困らないためにも、喪服などは
一通り揃えておくことが必要と言えるでしょう。

 

一般参列での弔問客という立場の場合やお通夜の時には、喪服の着用は基本的にしません。
ダークスーツ・ブラックスーツにワイシャツを着て、ブラックのネクタイを締めるという
いわゆるブラックフォーマルという略式喪服の着用になります。

 

シングルのスーツの場合にはベストの着用も認められていますが、この場合も色はブラックに
なります。弔問客として葬儀に参列する時には、モーニングなどの正式な礼服・和服を持って
いても、遺族や親族の立場を立てるために略式喪服の着用をするようにします。

 

しかし喪主や、遺族に近しい立場で葬儀に参加する場合にはモーニングの三つ揃いという
喪服とベストを着用したスリーピースの礼服で参列することもあります。その時はソックスや
チーフなどのアイテムの色もブラックで統一しましょう。
ベストの色もジャケットに合わせた生地で、ブラック系の無地の物を選ぶのが普通になります。

 

日本の冠婚葬祭の行事は、それぞれの土地によっても特殊な決まり事がある場合もあるので
その時々で事前に確認をして葬儀をとり行うのが良いと思います。