配送時間

喪服を通夜で着用するのはタブーとはいえない 【青葉、都筑なら明日お届け可能】

通夜は、基本的に知人や親戚が亡くなった当日が翌日に営まれる
事が多いので、仕事帰りに急遽駆けつける人も多いです。
ですから、逆に通夜にきちんと喪服を着用していくと、「不幸を
案じてたのでは?」と周囲から失礼な目で見られるケースもなくは
ありません。

 

よって通夜に参列する際の会葬者の身なりは、ダークスーツに黒い
ネクタイの平服でも決して不自然ではないのです。しかし最近は
通夜に参列する服装が必ずしも喪服ではいけないという風潮は、ほぼ
無くなってきており、通夜が翌日以降になる場合は、喪服を準備する
のに十分な時間が取れない訳でもないので、平服又は喪服の参列でも
構わないという風潮になっています。

線香と菊

もし通夜の日程までに、1日や2日のインターバルがある時は、喪服を
着て行くほうが遺族や参列者への礼儀とも言えます。喪服を通夜に着て
行く場合は、男性ならブラックスーツに黒ネクタイにベルト、光沢の
目立たない黒い靴を着用するのが正しい知識になります。

 

女性の場合は黒のワンピースかアンサンブルで参列するよう心掛け
手や足は半分以上覆うように五分丈の物を着るのがベストです。
ちなみに女性が喪服を通夜で着る場合は、必ずストッキングは黒を選び
靴も男性と同様に光沢のないものを選ぶのが鉄則です。

 

万一平服で駆けつける時は素足は絶対に避けて、肌色又は黒の
ストッキングを着用し、なければ黒の靴下を準備するのを最低でも
頭に入れておくといいでしょう。

 

礼服レンタル.com