■ 地震による遅延の可能性について
近畿地方で発生しました地震により、交通に大きな影響がでております。東日本地域へのお届けにつきましては、遅延が発生する可能性が考えられますので、あらかじめご了承くださいませ。
配送時間

葬式の和装コーディネート 【門司、若松なら明日お届け可能】

お葬式や葬儀などでの喪服ですが、最近はブラックスーツや
モーニングなどの洋装が多く見られるようになりました。
女性もアンサンブルやワンピースが多く、着物の喪服を見る
機会が減ったように思えます。和装は揃える物も多く
コーディネートも難しいですが日本古来からの衣装でもあるので
簡単なコーディネートのポイントを抑えておきましょう。

 

まず正式な喪服では、着物、羽織、袴、帯、足袋や草履やバッグの
小物も、すべて黒で統一します。喪主や近親者はこのように全てを
黒で揃えたコーディネートになります。次に友人や知人として参列する
略式喪服についてです。こちらは正式喪服とは違って、黒かグレー系の
色無地の半袴に、一つ紋か三つ紋程度の羽織、帯は着用しなくても問題
ないとされています。

 

線香と菊

 

女性も略式喪服の場合は帯止めや髪飾りは不要です。注意しなくては
いけないのがアクセサリーで、和装の場合は結婚指輪以外のアクセサリは
身に着けてはいけません。髪をアップにする場合も、目立たないピンで
髪を留めるようにしましょう。化粧も赤い色や、ツヤの出るグロスは避け
薄化粧で行くのが良いでしょう。和装の喪服はレンタルもありますので
コーディネートに困ったときは利用してみるのも一つの手段だと思います。

 

礼服レンタル.com