配送時間

暑い時に喪服の上着を脱ぐのはOK? 【堺、美原なら明日お届け可能】

一般的に女性向けの喪服といえば、黒の長袖ジャケットやアンサンブル
または、丈の長いスカートを履くというように、出来る限り肌の露出を
控えた服装がマナーとなります。しかし真夏の暑い時期や、暖房が効き
過ぎている葬儀場において我慢をしていると、脱水症状などの体調の
不良を起こす可能性も生じてきます。そんな時、半袖の喪服がマナー
違反にあたるのかどうか、多くの方が疑問に思われるでしょう。

 

実は、女性の喪服は半袖でも問題ありません。夏場の葬儀においては
半袖のワンピースと長袖のジャケットがセットになっているタイプを
着ている参列者が多く見られます。このようなタイプの喪服を準備して
おくと調節ができるのでたいへん便利です。

 

516_n23

 

ただ半袖といっても、ノースリーブに近いような短いものはいけません。
芸能人でも目を疑いたくなるようなノースリーブで参列している方を
見たことがありますが、いくら暑いといってもこれは論外です。
五分袖や七分袖など、出来るだけ肌の露出を控えるようなものを選び
ましょう。もちろん胸元が開いていたり、スカートの丈が短い服装は
マナー違反になりますので、選ぶ際はその点にも注意をしてください。

 

ストッキングは黒が基本です。また、葬儀会場の冷房が強くて冷える
こともありますので、ジャケットは常に持ち歩きましょう。葬儀は
故人との最後のお別れの場です。故人やご遺族、ご親族の皆様に
失礼のないよう、マナーを忠実に守るように心がけましょう。

 

礼服レンタル.com