配送時間

喪服を持ち運びには注意しましょう 【岡山、笠岡なら明日お届け可能】

ファッションを意識している人であれば、洗濯や乾燥をする時に
気を配るものですが、衣服の中には持ち運びに失敗するだけで
型崩れが生じる種類があります。それは葬儀に着用する「喪服」
です。

 

遠く離れた場所で葬儀が行われる事になると、喪服を長時間に
渡って運搬する事になります。その時に持ち運び方を間違えると
現地に着いた時には利用出来ない状態になっているのです。
それを避けるためには喪服のことを理解し、運搬方法に気を配る
事が肝要になります。

 

kaesu_03

 

喪服は、自分で運搬する方法もありますが、業者に任せる事も
一つの手段です。長時間手にもって運ぶと、どうしても重みが
かかってしまい、型崩れが発生しやすくなります。特に雨の多い
時期は湿気により、シワになる可能性が倍増します。そんな時は
専用のバックに入れて、業者に運んでもらいます。手で運ぶ
よりも、随分きれいに運ぶことができます。

 

しかし短距離の移動なら僅かな気配りでトラブルは発生しないため
自分で運ぶ人ももちろんおられます。事情に応じて運搬方法を
変えるみましょう。

 

礼服レンタル.com