配送時間

葬儀での女性の身だしなみ 【三田、姫路なら明日お届け可能】

成人すると、社会人として大人として女性の立ち居振る舞いは
気を付ける必要があります。特に葬儀などといった席では周り
から「常識」があるのかどうかも見られていますので、身だし
なみには注意が必要です。

 

もちろん和装であっても、洋装であっても同じことです。
まず喪服が洋装であった場合、ストッキングの色が黒である
ことや、靴があまり派手ではないデザインで黒であること。
お化粧の仕方が華美にならないこと、髪形もきちんとまとめた
ほうが印象がいいことという基本的なところは守るべきです。

 

516_model_03

 

そして和装の場合も同じくお化粧や髪形、靴などは気を付ける
べきです。さらに和装となると歩き方などの立ち居振る舞いも
きちんとしないといけません。一朝一夕に身につくものでは
ないので葬儀の場面だけではなく、冠婚葬祭に出席するたびに
和装を着装する場合は先輩や身内にいろいろ教えてもらいながら
マナーや立ち居振る舞いを学ぶといいでしょう。

 

マナーは男性よりも女性の方が身に着けるべきことが多いのが
現実です。もちろん、数珠の握り方やお線香の上げ方、香典の
包み方や渡し方に至るまでしっかりと身に着けていけば、大人の
女性として社会人としてしっかりとした対応ができるようになる
でしょう。何とか25歳、遅くとも30歳にはこうした立ち居振る
舞いを身に着けておきたいものです。

 

礼服レンタル.com