配送時間

弔電を送るときの注意点 【水俣、八代なら明日お届け可能】

身内や知っている方が亡くなられた
時には、通夜や葬儀に参列したいもの
ですが、仕事などの事情で、どうしても
伺えない時はあるはずです。

 

そのようなときには
「弔電(ちょうでん)」をお送りします。
いわゆる、「電報」のことですね。

 

reifuku_m01

 

・送り先は、告別式の会場
弔電を用意する場合には、届け先が必要に
なります。この場合の送り先は「告別式」が
行われる会場です。

 

・遅くとも、告別式の前までに届ける
送るタイミングは、通夜~告別式の前まで
になります。遅れてしまうと、迷惑が
かかってしまうので、行くことができないと
わかった時点で、すぐに準備しましょう。

 

・金額は、1000~3000円程度
NTTの115番に電話すれば、手配は簡単に
できます。料金は、文字数と台紙の質に
よって異なりますので、あらかじめ決めて
から、電話をするようにしましょう。

 

 

現代は、通信の手段が整っていますので
弔電も昔とは若干意味合いが変わっています。
ただ、取引先の方などが亡くなられた場合は
社会人のマナーとして、弔電が用いられます。

 

また、電話でお悔やみを述べるのは
失礼にあたるといわれますので、注意して
おきましょう。

 

 

礼服レンタル.com