配送時間

これで大丈夫?女性の喪服マナー 【枕崎、鹿児島なら明日お届け可能】

葬式やお通夜に参列する場合には
女性も喪服を着ることになります。

 

色は当然「黒」になるのですが
それ以外にも気をつけないといけない
点がいくつかありますので、確認を
してみましょう。

 

516_p23

 

黒い服を着ていれば何でもいいと言う
わけではなく、、、女性の場合には

 

・派手な化粧は避ける
・アクセサリーで着飾らない
・マニキュアや大きなアクセサリーはNG
・ストッキングは、必ず黒をはくこと

 

などいろいろありますので、注意が必要です。

ポイントはTPOにあわせることです。葬儀は
亡くなられた方を弔う席であるということを
しっかりと認識しておきましょう。

 

そして、ご遺族の方よりもフォーマル度の
高い喪服を着ないようにします。礼服の格に
ついては、以前にも書きましたが、ご遺族は
「正礼装」「準礼装」であることが多いです。

つまり、参列者の方は「略礼装」となります。

 

女性の場合、親族の方は着物の場合も多いので
ワンピースの場合はスカートの丈が、膝下に
なることを意識していれば、特に問題はない

でしょう。

 

また、寒い時期には、喪服の上にコートを着る
ことになりますが、死を連想させるような毛皮や
柄物は避けるようにしましょう。

 

 

礼服レンタル.com