■北海道、沖縄の送料について
1月8日より、北海道、沖縄の送料について有料とさせていただきます。あらかじめご了承くださいませ。
配送時間

葬儀の知らせと弔電 【広島、呉なら明日お届け可能】

葬儀の知らせは急な場合が多くあります。
都合がつかなくて葬儀に参列できない
場合は、そのままにしないで、きちんと
弔意を伝えるために返答します。

 

慌ただしく遺族もしているため、電話を
何度もしたり、長電話を迷いながらしたり
することは迷惑になります。

 

弔意を丁寧に伝えて、「申し訳ありませんが
参列が遠方のためにできません」などと
いうように理由も伝えることが大事です。

 

線香と菊

 

参列が告別式・お通夜にできない場合は
「弔電」を用意しましょう。弔電は電報のみ
でなく、電報をインターネットで取り扱って
いる業者もありますので、調べてみてください。

 

弔電の文面を考える場合には、忌み言葉に
します。「たびたび」や「重ね重ね」などと
いう繰り返しを想像するよう言葉は、使う
べきではありません。

 

弔電であることを、電報を申し込みする時に
伝えると、例文についていくつか教えて
くれます。そのため、弔電を作る場合には
失敗しないためにも例文を参考にする方が
よいでしょう。

 

なお、弔電の宛先は「遺族」か「喪主」に
なります。

 

 

礼服レンタル.com