■ヤマト運輸営業所でのお荷物受け取り中止について
コロナウイルスの影響で、ヤマト運輸営業所が休業または時短営業をしている地域がございます。詳しくは、コチラからご確認くださいませ。
■詐欺サイトにご注意ください
近頃、「詐欺サイト」が急増しております。当サイトをご利用のお客様が被害に遭われませんよう、対策のポイントをご案内させていただきます。何卒ご注意いただきますよう、お願い申し上げます。

喪服は、安く済ませようという考え方は?

「めったに着ないし、安い喪服で済ませよう!はアリ!?」

 

ここは、考えどころですね。経済的にきつい状況の時に無理に高い喪服を購入する

必要があるとは思いませんが、実は「安い喪服で済ませることが先々高くつくことがある」

ということがあります。

 

まず安い喪服は、生地の品質がそれなりだということを理解しておきましょう。

簡単にいうと、黒といってもグレーがに近かったりするので、質感で見劣りがします。

また、縫製についても、丁寧であるとは言えません。すぐにほつれたり、時間が経つにつれて

だらしなくなってくるものです。よい品との差というのは、時が経つと分かってきます。

 

喪服は、体型が極端に変わらない限り、10〜20年は着続けることができます。

長い目で見ると、安い喪服を5年毎に買い換えるくらいなら、しっかりした喪服を

20年着続けるほうが、結局出費が抑えられる上に、見栄えもいいということになりますね。

 

個人的な意見としては、20から30代は、経済力にあわせて、可愛いデザインの喪服を。

そして40〜50代は、それなりに値段をかけて、落ち着いた感じの喪服を購入されるのが

よいのではないかと思います。

 

礼服レンタル.com