■配送が行えない地域について
大雨による影響で、山形県熊本県において、配送が行えない地域がございます。あらかじめ、ご了承くださいませ。
■お電話での対応について
土・日・祝日は、お電話での対応ができません。お問い合わせは、メールにてご連絡くださいませ。また、ご注文は、サイトよりお申し込みくださいませ。
■詐欺サイトにご注意ください
近頃、「詐欺サイト」が急増しております。当サイトをご利用のお客様が被害に遭われませんよう、対策のポイントをご案内させていただきます。何卒ご注意いただきますよう、お願い申し上げます。

ご親族の方と話す場合 【尾道、福山なら明日お届け可能】

葬儀や通夜に参列した際には、親族に
お悔やみの言葉をかけるという場面も
発生します。

 

積極的には行いづらい行動ですが、遺族
への挨拶もまた、故人を送る上で欠かせない
行程の一つです。

 

4d308afd727758bdc613d93a3959a37b_s

 

かける言葉もないというのが本来の
気持ちであったとしても、まずは
「このたびはご愁傷さまです」と、定例に
則った挨拶をしてください。

 

「お悔やみ申し上げます」と、手紙に記すように
改まった言葉を発するのでも構いません。

消沈する相手に対しては、「ご心中お察しします」

というようないたわりの言葉が、力を与える
こともあります。

 

その先も更に言葉を重ねようというのなら、
一つ一つの単語のチョイスにも慎重に
なりましょう。例えば故人が一般的に
長寿といわれる年齢であったとしても、
大往生でしたねと葬儀を前向きにとらえた
発言をするのはデリカシーに欠けた振る舞いです。

 

残念だったと落胆の気持ちを素直に
伝えて、悲しみの共有を示す姿勢が
大切です。香典をその場で渡す場合には、
最後に「心ばかりですがお供えください」
と伝えて、丁寧に渡すべきものを
差し出してください。

 

礼服レンタル.com