■イベント等の中止による、ご注文のキャンセルについて
発送前のご注文に関しましては、無料でのキャンセルが可能です。発送後になりますと、送料分として2,000円をご負担いただくことになりますので、イベント等の中止の際には、なるべく早くご連絡をお願いいたします。また、お受け取りされました場合は、全額ご負担となりますので、あらかじめご了承くださいませ。

ご連絡先メールアドレス:emura11@ever.ocn.ne.jp
■ヤマト運輸営業所でのお荷物受け取り中止について
コロナウイルスの感染拡大に伴い、ヤマト運輸営業所でのお荷物受け取りを中止している地域がございます。詳しくは、コチラからご確認くださいませ。また、関東方面については、お荷物の遅延が発生しやすくなっております。あらかじめご了承くださいませ。
配送時間

遺族にあった時の言葉 【東広島、呉なら明日お届け可能】

葬儀または通夜において、遺族にかける

言葉には細心の配慮をすべきです。傷心

な心をいたわるような気持ちが大切です。

 

しかし、いざとなるとなんと言えば良いのか

分からない・・ということになるかもしれません

ね。葬儀または通夜で、この言葉をかければ

安心というフレーズをご紹介します。

 

4d308afd727758bdc613d93a3959a37b_s

 

「心中お察しいたします」
遺族に寄り添う言葉です。突然の悲報に、

一番心を折られているのは親族です。その

遺族の心を思いやり、いたわる言葉です。

 

「心よりお悔やみ申しあげます」
お悔やみを申し上げることにより、遺族を尊重し、

心痛を思い遣る言葉です。手紙にも使用できます

ので、覚えておいてください。

 

「この度はご愁傷様です」
遺族に対する悲しみを表現した挨拶です。まず、

葬儀または通夜において遺族に対面したら最初

にこの言葉を使いましょう。

 

上記三種類のフレーズは、一番使用頻度の高い

言葉になります。口先だけではなく心から悲しみを

表現し、遺族の心の痛みや悲しみを共に共有する

ことが、誠実な態度です。

 

 

礼服レンタル