配送時間

遺影を準備する終活という考え方 【四万十、香南なら明日お届け可能】

葬儀の時に祭壇に飾られ、その後も自宅の床の間などに
置かれることになる「遺影」は、故人の姿を懐かしく
思い出すものでありながら、遺族の頭を悩ませる
存在でもありました。

 

58a1982af4db37dfafef454b47a46a6e_s

 

死というものの多くは突然のものであり、予測を
立てるのも憚られることですが、そうして降ってわいた
葬儀の場面にて、遺影に相応しい良い写りの写真は
早々に見つかるものではないからです。

 

葬儀社をあたり近親者知人に連絡し、慌ただしく準備を
する中では、アルバムを開いて写真を探す行為に、寂寥を
噛み締める余裕すらありません。

 

遺族の負担を和らげるため、そして自分としても納得
できる写真を遺影としてもらうために、生前から使用する
写真を用意する人が、今増加の一途をたどっています。

 

エンディングノートの準備や遺言書の作成を含めた、それは
「終活」と呼ばれる行動の一つの形です。

 

アルバムから自分で写真を探したり、あるいは専用の写真を
用意するべく写真店を利用したり、自分の終わりを見つめ
ながらもその活動は不思議とアクティブに生命の輝きを見せます。

 

終活はけして、縁起の悪いことでも後ろ向きな行いでもありません。

 

 

礼服レンタル.com