配送時間

喪服と草履について 【ブラックフォーマル・喪服は礼服レンタル.com】

最近は、喪主や喪主の家族も、洋装の喪服を着けることが多くなっていますが

地域によっては「和装」が常識のところもあるようです。なんといっても和装の喪服は

フォーマル度が高く、葬儀全体を引き締めてくれます。結婚した時など、区切りの良いときに

一着は持っておきたいものです。

 

和装には「草履」が欠かせません。マナーとしては、喪服の草履は「黒無地」と決まっています。

黒無地の草履は、布地や合成皮革を使った求めやすいものから、職人が作る本革製の

高級品まで、3千円台から2万円台のものまで、幅広く存在します。草履だけが浮かないように

全体のバランスを考えて選ぶとよいでしょう。

 

雨や雪の時は、布や革製は避けて、合皮の草履が安心です。また、草履用の「雨カバー」が

販売されておりますので、足袋を汚さないためにも、持っておきたいアイテムの1つです。

 

礼服レンタル.com