■イベント等の中止による、ご注文のキャンセルについて
発送前のご注文に関しましては、無料でのキャンセルが可能です。発送後になりますと、送料分として2,000円をご負担いただくことになりますので、イベント等の中止の際には、なるべく早くご連絡をお願いいたします。また、お受け取りされました場合は、全額ご負担となりますので、あらかじめご了承くださいませ。

ご連絡先メールアドレス:emura11@ever.ocn.ne.jp
■ヤマト運輸営業所でのお荷物受け取り中止について
コロナウイルスの感染拡大に伴い、ヤマト運輸営業所でのお荷物受け取りを中止している地域がございます。詳しくは、コチラからご確認くださいませ。また、関東方面については、お荷物の遅延が発生しやすくなっております。あらかじめご了承くださいませ。
配送時間

通夜での喪服着用が増えている 【土佐清水、四万十なら明日お届け可能】

故人が亡くなった当日やその翌日に行なわれる通夜では
連絡を受けて急ぎ駆けつけてきたという流れを汲むために
黒を意識した平服やブラックフォーマルのスーツを着て
いくのが、長い間正式なマナーとされていました。

 

888366a5199bc242c16df57adb0fab2d_s

 

予知できない筈の突然の訃報に、喪服を着て駆けつけるのは
不幸を待っていたような不謹慎な行いであると、嫌う
考え方が当たり前のようにあった時代の話です。

 

しかし通夜の意味合いが親族や友人など近しい関係の人が
故人の冥福を祈る場から、訳あって葬儀に参列できない人が
代わりに出席する場と変化してきたことにより、現在では
服装に対しての考え方も変わりつつあります。

 

故人と最後のお別れをするのに相応しい服として喪服を
着用する人も増え、柔軟な思考を持ちやすくなったことで
表立っての批判の声は少なくなりました。

 

喪服を用意するのに時間が必要だった過去の日本とは違い
良きも悪きも物が溢れる現在では、知らせを聞いてから
急ぎ調達するのも不可能なことではありません。

 

マナー以前に、通夜の場でそれを相応しくないとする
理由が、既に破綻しているのです。

 

 

礼服レンタル.com