配送時間

シャツの長さを調整しよう 【さぬき、善通寺なら明日お届け可能】

礼服の見た目を左右するものの一つに、ジャケットの下から覗く
「シャツの袖の長さ」があります。

 

袖の長さが長すぎるとだらしない印象に、逆に短すぎると丈の短い
つんつるてんな着こなしをしているというイメージを、見るものに
与えることになるので注意してください。

 

礼服から覗くシャツの理想の長さは、手を真っすぐに下した状態で
袖下から1,0cm、または1.5cm程度、露出する長さだといわれます。
シャツを購入する際には、必ずその袖部分のサイズ感も確かめた上で、
買うか否かの判断を行うようにして下さい。

 

上からジャケットを羽織れないという場合には、手の甲に若干触れる
ぐらいと目安を持っておけば、それが有効な手掛かりとなります。
後は体のサイズに合ったジャケットを購入すれば、自然と理想的な
サイズ感は生まれるでしょう。

 

袖が少し余ろうが短かろうが、見るものもいないだろうと思うのは、
やや楽観視のし過ぎです。見る気がなくても人間、不自然な部分には
自然と目が向かうものですし、そもそも人の注目を浴びていないからと
いって、礼服は適当に着てよいものではありません。

 

armband_01

 

また、どうしても袖が長いという場合には、アームバンドを利用する
という手もあります。いろいろ試して、ベストな長さにあわせて
いきましょう。

 

 

礼服レンタル.com