■大雨による遅延について
大雨による影響で、九州・中国・四国地方の広い範囲で交通規制が行われております。当店は山口県からの発送の為、交通状況によりましては、全国的に遅延が発生する可能性がございます。お急ぎのお荷物につきましては、お断りする場合がございますので、あらかじめご了承くださいませ。
■詐欺サイトにご注意ください
近頃、「詐欺サイト」が急増しております。当サイトをご利用のお客様が被害に遭われませんよう、対策のポイントをご案内させていただきます。何卒ご注意いただきますよう、お願い申し上げます。

ベントの位置は意識するべきか? 【生駒、大和郡山なら明日お届け可能】

背広の裾に入る、切れ目のことを「ベント」といいます。

 

背広でのベントの形式は大きく、ノーベント・センターベント
サイドベンツの三つに分類されます。

 

898474c82c4015abe7438cda9f49e2ef_s

 

どこにも切れ目がないノーベントに対して、センターベントは
中心に一つ、サイドベンツは左右に一つずつ切れ目を持ちます。
ベントがそうして入ったり入らなかったりとするのは、単なる
デザインの都合上の問題、というわけではありません。

 

立ったり座ったりという動作を、背広を着たままでもスムーズに
行えるようにするのがベントの働きで、その数が多いだけ働きが
持つ効果も大きくなります。センターベントやサイドベンツの
背広が畏まった場よりも、ビジネスの場や華やかな場との親和性が
高いとされているのはそうしたわけで、本来はノーベントのスタイルが
フォーマルであり礼服向きといわれます。

 

しかし近年では、それぞれ多様に商品が展開するようになったことで
その定義も曖昧になっており、ベントがあるから礼服にはそぐわないと、
言い切れる現状にはありません。ない方がいいがあってもそれだけで
NGとなりはしない、というレベルです。

 

 

礼服レンタル.com