■イベント等の中止による、ご注文のキャンセルについて
発送前のご注文に関しましては、無料でのキャンセルが可能です。発送後になりますと、送料分として2,000円をご負担いただくことになりますので、イベント等の中止の際には、なるべく早くご連絡をお願いいたします。また、お受け取りされました場合は、全額ご負担となりますので、あらかじめご了承くださいませ。

ご連絡先メールアドレス:emura11@ever.ocn.ne.jp
■ヤマト運輸営業所でのお荷物受け取り中止について
コロナウイルスの感染拡大に伴い、ヤマト運輸営業所でのお荷物受け取りを中止している地域がございます。詳しくは、コチラからご確認くださいませ。また、関東方面については、お荷物の遅延が発生しやすくなっております。あらかじめご了承くださいませ。
配送時間

喪服を着る時、時計はどうすればよいか? 【喪服は礼服レンタル.com】

葬儀に参列するときの基本は、「目立たない」「地味」な服装であることですが

いつも身に着けている「時計」は、どのようにするのが正しいのでしょうか?

 

実のところ、ぼんやりしているマナーの1つに、この時計があります。

一般的に言われているのは、派手な「金色の時計」、殺傷を連想させる

「革製のベルト」などがNGというものですが、シルバーの時計については

「問題なし」といわれる場所と、そうでないところがあります。

 

また、「時計が、喪服に隠れているからいいだろう」と安心していると、ご焼香や

合掌の際に、キラキラした時計が出てしまったという失敗談も耳にします。

 

これらのことから、私は「時計はつけない」ということを、お勧めしています。

男性の場合は、手に何ももたないことが望ましいといわれていますので

持つ必要があるならば、ポケットにしまっていたほうがよいでしょう。女性の場合は

バックを持ちますので、その中にしまっておきましょう。

 

礼服レンタル.com