■イベント等の中止による、ご注文のキャンセルについて
発送前のご注文に関しましては、無料でのキャンセルが可能です。発送後になりますと、送料分として2,000円をご負担いただくことになりますので、イベント等の中止の際には、なるべく早くご連絡をお願いいたします。また、お受け取りされました場合は、全額ご負担となりますので、あらかじめご了承くださいませ。

ご連絡先メールアドレス:emura11@ever.ocn.ne.jp
■ヤマト運輸営業所でのお荷物受け取り中止について
コロナウイルスの感染拡大に伴い、ヤマト運輸営業所でのお荷物受け取りを中止している地域がございます。詳しくは、コチラからご確認くださいませ。また、関東方面については、お荷物の遅延が発生しやすくなっております。あらかじめご了承くださいませ。
配送時間

喪服に帽子は、NG? 【ブラックフォーマル・喪服は礼服レンタル.com】

海外の映画を見ていると、葬儀で帽子をかぶっているシーンを
見かけることがあります。ただ国内で見ることは、ほぼないと
いってもよいでしょう。実際に帽子の着用がマナーとしてどうなのかを
今回はお話ししてみます。

 

国内でなぜ見ることが少ないかというと、日本の喪服文化が略礼装中心で
あるからだと思われます。正礼装、準礼装では、男性なら中折れの帽子や
シルクハット(もちろん黒)などが用いられ、女性であれば、つばの無い
円状の帽子をかぶります。黒のベールをかぶられている方もおられますね。

 

本来、略礼服の着用でも、特に問題はないのですが、葬儀などの式においては
目立つことを避けるというマナーがありますから、国内では見ることが少ないのです。
海外の映画などで見ることが多いのは、この文化の違いが大きいです。

 

国内でも、正礼装、準礼装を着用される大きな式においては、かぶられている方が
おられるはずです。注意してみてみてください。

 

礼服レンタル.COM