配送時間

訃報を受けたとき、どうすれば? 【喪服なら礼服レンタル.com】

人が亡くなられたことの知らせを、訃報(ふほう)といいますが
何の前触れもなく届くことが多くあります。悲しい時間では
ありますが、社会人としてどのような振る舞いをするべきかは
考えておく必要があります。

 

・通夜や葬儀の日時を聞く
亡くなられた方とのお付き合いの深さにもよりますが、まずは
「通夜」や「葬儀」の、日時と場所を聞く必要があります。
お付き合いの深い方で、駆けつけることができる場合は、すぐに
ご遺体がある場所へ向かいましょう。通夜の場合は、急ぎなので
派手な服装でなければ、問題はありません。

 

・可能な限り、ご遺族のお手伝いをする
ご遺族の方の忙しさは、普通ではありません。他の方への
ご連絡など、お手伝いができることがあれば、力になって
あげましょう。

 

出張などで、すぐに駆けつけたり、葬儀に参列できない場合は
弔電で気持ちを伝えます。その後、戻られた際には、一度ご遺族の
方に、お詫びもふくめて伺うようにしましょう。

 

礼服レンタル.com