■配送が行えない地域について
大雨による影響で、山形県熊本県において、配送が行えない地域がございます。あらかじめ、ご了承くださいませ。
■詐欺サイトにご注意ください
近頃、「詐欺サイト」が急増しております。当サイトをご利用のお客様が被害に遭われませんよう、対策のポイントをご案内させていただきます。何卒ご注意いただきますよう、お願い申し上げます。

御霊前と御香典は、どちら? 【喪服なら、礼服レンタル.com】

今回はお客様からの質問がありましたので、紹介します。
「不祝儀袋には、御霊前と御香典のどちらがいいですか?」
確かに、よく聞くケースですね。

まずは、この言葉の意味を考えてみましょう。

 

・御霊前
亡くなられた方の、みたまに対してお供えするものです。
成仏されて、仏になられるまでの間は、この御霊前を
使います。

 

・御香典
「香」という文字からもわかるように、線香や花の代わりに
供えるという意味で使います。

 

この2つの言葉のほかに、もうひとつ「御仏前」という
場合もあります。こちらは、仏になられた後のことをいいます。
一般的な仏教では、四十九日をすぎると成仏されるという
考え方がありますので、四十九日までを「御霊前」。その後は
「御仏前」を使います。

 

ただし宗派によっては「亡くなられたらすぐに成仏する」という
考え方があるので、その場合は御霊前は使いません。

 

結論としては、一般的には「御霊前」で大丈夫ですが、宗派が
分からず、どうしても気になる場合は「御香典」を使うのが
無難でしょう。

 

礼服レンタル.com