配送時間

喪服の収納で注意すべきこと 【礼服レンタル.com】

喪服に限らず、スーツも同様ですが、収納の方法によって
型くずれがおきたり、しわになったりすることがあります。
今回は、喪服を収納する時に注意すべき点をお話します。

 

・クリーニング後の状態で、収納しない
よくやってしまうのが、袋に入れたままで、クリーニング
業者のハンガーのまま、収納している場合です。喪服は
ビジネススーツに比べると、圧倒的に利用頻度が少ない
ものです。ですから、収納時にはなるべく喪服にストレスが
かかっていない状態にしてあげることが大事です。
またクリーニングの袋は、風を通しませんので、湿気が
こもりやすくなります。カビを生やさないためにも、袋は
とっておきましょう。

 

・ポイントは、ハンガー!
喪服のサイズに、ぴったりと合うハンガーを使うこと!
これが、なによりのポイントです。特に、肩の位置は
注意しましょう。喪服は、意外と重いので、時間がたつと
負荷がかかる、肩の位置からくずれていきます。
しわの原因にもなりますので、お金を出してでも
しっかりとしたハンガーにかけることを、オススメします。

 

礼服レンタル.com