■お電話での対応について
土・日・祝日は、お電話での対応ができません。お問い合わせは、メールにてご連絡くださいませ。また、ご注文は、サイトよりお申し込みくださいませ。
配送時間

失礼にならない弔電の書き方 【東広島、呉なら明日お届け可能】

弔電は葬儀に参列できないときに、送る時に傍らに

いられないならせめて言葉だけでもと届けるもの

なので、文面は相応にお悔やみの言葉と、遺族の心に

寄り添った励ましで綴っていくのが一般的です。

 

数珠

 

形式こそ会話調でなく、手紙のような形が求められますが、

葬儀の場での挨拶をそのまま書き起こしたものでも、違和感

なく仕上がります。自力で文章を組み立てるのが難しい時

には、時間制限もありますから無理せず、用意されている

テンプレートを利用するのも良いでしょう。

 

弔電のきまりには、故人の氏名を使わず敬称で示すという

ものがあります。直接の受取人となる方の立場に合わせた敬称で、

故人へのお悔やみを伝えていくことになります。

 

完成した文章は一度見直して、縁起の悪い忌み言葉が使われて

いないか、宗派的に不適切な表現になっていないかを確認します。

判断に迷った時には、なあなあに片づけてしまわずに弔電の受付

を行ってくれるサービスに確認したり、信頼できる人に訊ねてみたり

と解決のために動いてみましょう。

 

礼服レンタル