配送時間

新郎の謝辞について 【瀬戸内、新見なら明日お届け可能】

結婚式の最後に行う謝辞は、結婚式の締めくくりとして、最高な
ものが求められます。本来は新郎ではなく、新郎の父が行うことが
多かったのですが、最近の結婚式では新郎自ら謝辞をするという
流れが出来上がってきているようです。

 

謝辞というのは、結婚式に招いた人々への感謝の気持ちです。
どのようなことを話せば良いのかと言えば、まずお礼です。
そして自分の率直な気持ちを簡単に述べてから、謙虚な姿勢で
招いた人々に指導を仰ぐ旨を伝え、結びの挨拶で終えます。

 

ab5b0cee51fe4da7b51fcc528a7956ba_s

 

時間は長すぎてもいけませんし、短すぎてもいけません。
ちょうど良いのは2分程度とされています。そらんじて謝辞を述べる
のも良いですが、無理をしなくとも原稿をそのまま持って
読み上げても良いことになっています。うまくやろうと気負わず
素直な気持ちを伝えるということに重点を置けば、成功します。

 

忌み言葉である「切れる」「別れる」「終わる」「冷える」等は
厳禁ですので、使わないように気をつけましょう。
また「重ね重ね」「ますます」などの重ね言葉も控えましょう。

 

 

礼服レンタル