■イベント等の中止による、ご注文のキャンセルについて
発送前のご注文に関しましては、無料でのキャンセルが可能です。発送後になりますと、送料分として2,000円をご負担いただくことになりますので、イベント等の中止の際には、なるべく早くご連絡をお願いいたします。また、お受け取りされました場合は、全額ご負担となりますので、あらかじめご了承くださいませ。

ご連絡先メールアドレス:emura11@ever.ocn.ne.jp
配送時間

暑くても、ストッキングは必要? 【新居浜、大洲なら明日お届け可能】

夏場の葬儀は長時間の参列だと、汗で蒸れやすくなります。
よって、ストッキングを履かなくても良いのではないかという考え
が頭の片隅によぎるのではないでしょうか。

 

c7ab02dd34797669a2a6a19fd6db8c7e_s

 

ここでハッキリと申し上げると、それはNOです。
そもそも、昔から葬儀の正装は着物でした。それが時代を経て
洋装が主流になり、ワンピースやスーツなどに変化したのです。
ということは、足の先までが喪服なのです。
着物の喪服の場合を考えてください。踝までは着物丈になります。
洋装の場合も同じく、膝下丈であっても足が出ている部分も
本来は喪服の範疇なのです。もっと言えば頭の先から足の先まで
喪服と意識したほうがよいでしょう。

 

ストッキングを履かずに葬儀に赴くというのは、有り得ない
愚行とも言えます。面倒でも、必ずストッキングを履いてください。
色も黒にしてください。全身を「黒」と心得ておけば失敗はない
でしょう。暑いからという言い訳は通用しません。
葬儀の時には、故人を弔う気持ちを大切に、多少の暑さ寒さは
我慢しなくてはいけません。

 

 

礼服レンタル.com