配送時間

アクセサリーは必要なのか? 【徳島、鳴門なら明日お届け可能】

喪服といえば和装だった時代、装飾品は身を飾るものと
して厳禁とされていました。現在でもその考えは廃れる
ことなく、続いており、結婚指輪と婚約指輪を除いて
和装でのアクセサリーの使用は、マナー違反となっています。

 

item_02

 

洋装喪服に対してもその流れを汲み、葬儀の場に
アクセサリーは不要であると考える人も少なくありません。

 

しかし海外での本来のマナーに倣って、洋装は
「アクセサリーをつけて初めて完成される」という考えの下
装飾品NGのルールに異を唱える声も聞こえます。

 

実際、洋装でのアクセサリー使用は、必要とする意見と
不要とする意見が拮抗している状態で、最終判断は個々に
委ねられた形になっています。

 

自分が必要だと思うなら付けてもよいと判断されることの多い
パールのネックレスは、「涙の象徴」と言われているので
悲しみの席である葬儀の場合などは、一緒に買い求めておいても
よいでしょう。

 

ただネックレスの場合、不幸が重なると不吉な連想をさせる
二連以上のものや、派手に見える粒の大きい真珠や留め具に
金を使ったタイプものはNGです。

 

選ばれる場合は、慎ましやかな小粒の一連ネックレスが最適です。

 

 

礼服レンタル.com