配送時間

結婚式の案内状を送る時期は? 【小松島、阿波なら明日お届け可能】

結婚式を挙げるにあたり、会場を押さえたり衣装を
用意したりとやるべきことは多いですが、そうして
式の日程に振り回されるのは、「主催する側」ばかり
ではありません。

 

午前開始でも午後開始でも半日の空きは必要な式のために
スケジュールを調整し、礼服を用意しご祝儀を包まなければ
ならない「ゲスト」も、同様に慌ただしい思いをすることに
なります。

 

3346276db929db7092f714a8d2209898_s

 

ゲストのためを考えるなら、まず真っ先に招待客のリストを
作成して、二ヵ月前には結婚式の案内状を届けられるように
するのが適切です。

 

二ヵ月あればゲストは式までに、礼服のレンタルや宿泊場所の
手配ができますし、欠席する人が出た場合に、主催はまだ他に
出席者を探す余裕が持てます。

 

案内状送付の前にも式に招待したい意向を伝えておけば、更に
状況は盤石なものとなるでしょう。

 

せっかくの慶事ですから日付を調整して、大安の消印で送れる
ようにすると、案内状としてより理想的です。準備に追われる
中でも小技を利かせる心のゆとりを忘れないようにしつつ
全力で盛り上げ本番に臨んでいくのがベストです。

 

 

礼服レンタル.com