■お電話での注文について
本日21日は、お電話での注文を12時までとさせていただきます。あらかじめご了承くださいませ。
配送時間

キリスト教の献花の意味 【香川、高松なら明日お届け可能】

葬儀の花において、「仏教」と「キリスト教」では
ニュアンスに若干の違いが見られます。これは、花を供える
相手の違いを主とする差です。

 

仏教では、花はあくまで「故人」に対するもので、その
旅路が安らかであるようにと焼香と合わせて供えます。
葬儀の中で、花は「故人」のために存在しています。

 

38359296a8d151b705ad62f94d2f5b2f_s

 

キリスト教の献花は、「故人の出発を飾るため」に
ご遺体を飾るというように、同様に故人を中心に置きつつも
花を捧げる相手は、「故人を迎える神」が対象となります。

 

神に歓迎してもらうために花で棺を飾るのであって
花に込める想いは神に向けたものでなくてはなりません。

 

献花は失われた命への悲しみの象徴であり、故人と生涯を共に
できたことへの感謝の気持ちを、神に表すものでもあります。
献花を願われた際には、意識してそれを行えるようにしましょう。

 

献花の他にも、香典や礼服や礼服に着ける装備品のマナーに、
宗派の違いは見てとれます。ただ皆に倣うのではなく、そこに
どんな意味が込められているのかを知ることが、故人への
手向けとなるのです。

 

 

礼服レンタル.com