配送時間

結納金で用意すべき金額 【さぬき、善通寺なら明日お届け可能】

新郎の家から新婦の家に、婚礼の準備費用のために渡すお金のことを
「結納金」といいます。結納金の金額は、婚姻の決まりの上で
定められているということはなく、いくら包んでも、お金を衣装や
嫁入り道具に代えて渡しても問題はありません。

 

02bbd584f786cd367de7789bd8ea5662_s

 

時代によっても変わる結納金の相場は、現在では50万~100万と
いった金額が一般的であるといわれます。キリよく100万納められる
ことが最も多く、次いで50万70万と奇数で揃えてみたり、縁起の
良い末広がりの80万がそこに並んだりとする形です。

 

結納金の金額は西高東低とも称され、西の方が大きな金額を積む
傾向にあります。結納式における礼服の定義のように、相手が何を
基本とするかによって最善も変わってきますので、自分だけで悩まず
周囲の意見を参考にしていくのがよいでしょう。

 

ただ礼服として何を着るかと問うのとは異なり、結納金をいくら
出せばよいかと新婦の家に問うのは、あまりにもあけすけでお勧め
できない行為です。さりげなく相場を聞いてみるか、インターネットの
情報を駆使しながら、検討は水面下で行ってください。

 

 

礼服レンタル.com