■イベント等の中止による、ご注文のキャンセルについて
発送前のご注文に関しましては、無料でのキャンセルが可能です。発送後になりますと、送料分として2,000円をご負担いただくことになりますので、イベント等の中止の際には、なるべく早くご連絡をお願いいたします。また、お受け取りされました場合は、全額ご負担となりますので、あらかじめご了承くださいませ。

ご連絡先メールアドレス:emura11@ever.ocn.ne.jp
■ヤマト運輸営業所でのお荷物受け取り中止について
コロナウイルスの感染拡大に伴い、ヤマト運輸営業所でのお荷物受け取りを中止している地域がございます。詳しくは、コチラからご確認くださいませ。また、関東方面については、お荷物の遅延が発生しやすくなっております。あらかじめご了承くださいませ。
配送時間

結婚式の着物は、何がふさわしい? 【喪服は礼服レンタル.com】

日本での正式な礼装といえば、ご存じの通り「着物」です。
結婚式などの華やかな席においては、着物はたいへん人気があります。
今回は、女性の着物についての簡単なマナーをご紹介します。

 

着物の着用において、注意すべき点と言えば、ご結婚をされているかどうかです。
未婚の方の場合「振袖」がよく知られていますが、結婚式などの場においては

「訪問着」を着用したほうがよいでしょう。なぜなら、花嫁が振袖を着用することが

ある場合、かぶってしまうからです。

 

「せっかく購入しているので!」とゲストで着られている方を見ることが
ありますが、ここは一歩引いて「訪問着」にしておきましょう。

 

既婚の方の場合は、「留袖」が最も格式の高い礼装になります。
「黒留袖」は、新郎新婦のご両親が着られているイメージが強いですが
近い親族の方であれば、着用しても問題はありません。
また、黒は年齢が高く見えますので、抵抗がある方は「色留袖」がよいでしょう。

 

礼服レンタル.com