配送時間

エプロンは用意していたほうが○ 【神戸、三ノ宮なら明日お届け可能】

喪服にエプロンというものは、あまり考えたことがない人が多い
のではないでしょうか。靴、バッグなどは気をつかうのですが
エプロンは使う際になって、「あっ」ということがほとんどです。

 

線香と菊

 

どのようなときに利用するかというと、お勝手やお茶を出したり
というお手伝いの場合です。ご親族の方は、どなたもバタバタして
おり、ご参列者のお相手を丁寧にすることができません。その場合
周りの方が、お手伝いをすることが一般的です。しかし、最近の
若い方の中には、エプロン自体を使わない人もいますし、もって
いても花柄やカラフルなエプロンしかないというもよくあります。
お手伝いをするときのエプロンは、黒が基本です。急に揃えようと
しても、難しいことが多いので、あらかじめ購入をしておくことを
オススメします。

 

和服であれば割烹着ということもありますし、地方によっては和洋
関係なく割烹着という場合もあります。エプロンが一般的になりつつ
あるといっても、葬儀などの風習はその時になるまで話題にする
こともないので、エプロンと割烹着の両方を揃えておくほうが無難です。

 

礼服レンタル.com