配送時間

30代になればフォーマルが基本 【神戸、三ノ宮なら明日お届け可能】

大学生などの若い時は、喪服を持っていないという事はあることですが
30代となるとビジネスでもプライベートでも、身だしなみについてを
問われることが多くなります。また、冠婚葬祭に出席することも多く
なりますので、最低限のマナーは身に着けておかなければなりません。

 

黒いスーツでごまかしたり、シューズが安っぽかったりすることも
20代であればなんとか許されるものも、30代では礼を欠くことになり
かねません。もちろん、仕事から急に葬儀の場に赴くようなときは
最低限の準備でも致し方ありませんが、時間のある時に、そのような
服装で参列すると「その歳で用意をしていないのか?」と思う方も
おられるでしょう。ですから30代になれば、はずかしくない程度の
喪服やネクタイ、白いシャツ、数珠などを一式揃えておくべきです。

 

kaj_y_02

 

一般的に考えると、喪服を購入するタイミングは、30代で1回。
そして50歳前後でもう1回といったところです。歳をとると体型も
あまり変わらなくなりますが、30代であればまだわかりません。
1回目の喪服は、それなりに失礼のない、比較的安価なものにして
50代近くになればオーダーという形でもよいでしょう。いずれにせよ
自分の立場にあった服装で参列するように心がけてください。

 

礼服レンタル.com