■大雨による遅延について
大雨による影響で、九州・中国・四国地方の広い範囲で交通規制が行われております。当店は山口県からの発送の為、交通状況によりましては、全国的に遅延が発生する可能性がございます。お急ぎのお荷物につきましては、お断りする場合がございますので、あらかじめご了承くださいませ。
■詐欺サイトにご注意ください
近頃、「詐欺サイト」が急増しております。当サイトをご利用のお客様が被害に遭われませんよう、対策のポイントをご案内させていただきます。何卒ご注意いただきますよう、お願い申し上げます。

葬儀におけるカーディガンの合わせ方 【神戸、三ノ宮なら明日お届け可能】

本来、葬儀の際は「喪服のみ」で参列するのが、世間一般的には望ましい
と思われています。その他の洋服を着用するのはマナー違反だという声も
しばしば耳にしますよね。

 

しかし、日本は四季の国であり、縦に長い島国でもあります。寒い時期
特に列島の北側に位置する地域などでは、喪服ひとつのみでの参列は
肉体的に非常に厳しいものであるという現実を直視しなければいけません。

 

518_np03

 

ですから、喪服にカーディガンを合わせて着用するというのも広い視野から
見て考えてみれば何らマナーに反しているというわけではないのです。
とはいえ、そもそも荘厳なる葬儀に赴くための服装なのですから、喪服に
カーディガンという組み合わせがどんなものでも良いというわけでは
ありません。殊に気を付けておかなければいけないのは、カーディガンの色
でしょう。喪服は基本として黒が通常ですので、それに近しい配色を意識
しなければなりません。

 

たとえばダークグレーをはじめとした系統の落ち着いた色のカーディガンを
選択するようにしておきましょう。また、女性の場合はカーディガンの形にも
注意を払ってください。襟元があまり開きすぎていないもの、言ってみれば
シンプルなデザインのものを喪服と合わせれば、葬儀という式典そのものの
空気に反することもなくおすすめです。

 

礼服レンタル.com