■お電話でのご注文について
11月13~15日は、お電話でのご注文を14時までとさせていただきます。あらかじめご了承くださいませ。
配送時間

喪主は、挨拶文を用意しておきましょう 【奈義、美作なら明日お届け可能】

喪主は、通夜や告別式、出棺の際や精進落としの会食の締めにと
葬儀のあらゆる場面において、挨拶を求められます。

 

親族や参列者に対して、弔問の礼とご厚誼への感謝の気持ちを
述べることが、喪主としての挨拶で成すべきことです。

 

4d308afd727758bdc613d93a3959a37b_s

 

具体的に挨拶は、まず故人と自らの関係を示して、どんな立場での
言葉なのかを明らかにしてから始めます。場合によっては喪主以外の
人間が代表になって話すこともあるため、混乱を避けるべく先手を
打つのが狙いです。

その後は定例通り、礼と感謝と気遣いの言葉を状況に合わせて
繋げ締めとするのも、故人とのエピソードを交えて自分なりの
気持ちを伝えるのも自由です。

 

長くても三分ほどで終わるように文字数を調整したり、益々や
次々といった語感のよくない重ね言葉を使わないように配慮したりと
しながら、限られた時間の中で仕上げていきましょう。

 

文章の全てを暗唱できずとも、紙に書いた文を読み上げるという
行動が、葬儀マナーに違反するということはないので安心して
ください。

 

 

礼服レンタル.com