配送時間

喪主とわかる服装を心がける 【奈義、美作なら明日お届け可能】

葬儀での服装は、故人に近しい人が格上の衣装を纏えるように
一般弔問客も含め本人の意志関係なく、立場にあったものを
選ばなければならないという暗黙のルールがあります。

 

喪主であるなら葬儀の参列者の中で、はっきり縁者とわかる
正式な喪服を着用するのがきまりです。男性なら黒羽二重の
五つ紋付羽織袴かモーニングコート、女性なら五つ紋付の
黒無地着物か、同じく黒無地長袖のフォーマルドレスが
基本で、暑くても人の目がある場所では着崩さないよう
心がけます。

 

Print

 

ボタンやバックルは光沢のないものを使用し、派手な柄物や
装飾品の類は避けるべしという所は、一般参列者のマナーと
変わりません。慣れぬ服装で慣れない行動を強いられることに
なりますが、遺族の代表として、恥ずかしくない振る舞いが
できるように留意しましょう。

 

喪主であっても通夜の席ならば、略礼装が許されます。
とはいえそれは親しい人だけの集まりなら、畏まり過ぎずとも
良いという考えからの話ですので、葬儀の場と同様に多くの
参列者の訪問が予測される場合には、服装の方も合わせて
改まったものを身に付けておくのが正しい選択です。

 

 

礼服レンタル.com