■大雨による遅延について
大雨による影響で、九州・中国・四国地方の広い範囲で交通規制が行われております。当店は山口県からの発送の為、交通状況によりましては、全国的に遅延が発生する可能性がございます。お急ぎのお荷物につきましては、お断りする場合がございますので、あらかじめご了承くださいませ。
■詐欺サイトにご注意ください
近頃、「詐欺サイト」が急増しております。当サイトをご利用のお客様が被害に遭われませんよう、対策のポイントをご案内させていただきます。何卒ご注意いただきますよう、お願い申し上げます。

喪服にイヤリングはダメ? 【ブラックフォーマル・喪服は礼服レンタル.com】

場所や年代によって考え方が変わるものに、アクセサリーがあります。
一部では、「アクセサリー類はすべてダメ」というところもありますし
「イヤリングがダメ」というのは、よくお聞きする話です。
一般的な考え方として、これは正しいのでしょうか?

 

以前の記事でも書きましたが、日本においての正装は「着物」になります。
明治時代以降、洋装の普及に合わせて、アクセサリーを身に着ける方が
増えてきましたが、それまで身に着けていたものは「数珠」くらいです。

 

洋装においては、アクセサリは「フォーマル度を高める」といわれており
正装では、ネックレスなどのアクセサリーを身につけることがマナーとなります。
しかし、日本においての主流は「略礼服」です。つまり、ネックレスを含め
イヤリングにおいても、明確な基準はないのが実際のところです。

 

ただ着用に際して、気を付けることと言えば、派手でないことです。
ほとんどの場合「涙の象徴」といわれる、真珠が用いられます。
またイヤリングを付けられる際は、同じ素材のネックレスをつけておきましょう。

 

礼服レンタル.com