弔事ではメガネも注意が必要【渋谷に翌日お届けできる礼服レンタル】

葬儀の参列者として理想的なスタイルへ近づけるためには礼服だけでなく、眼鏡や時計といった装飾品にも 注意する必要があります。しかし、毎日体の一部のように使っているものは、意識せず葬儀の場でも 使用することと思います。ただ、… 弔事ではメガネも注意が必要【渋谷に翌日お届けできる礼服レンタル】 の続きを読む

冠婚葬祭に適切なメガネ、不適切なメガネとは【上野に翌日お届けできる礼服レンタル】

様々なデザインが販売されているメガネですが、冠婚葬祭で使用する際は意識しなければならい注意点がいくつかあります。   ・セルフレームと礼服は合わない セルフレームとはプラスチック素材のフレームのことを指します。… 冠婚葬祭に適切なメガネ、不適切なメガネとは【上野に翌日お届けできる礼服レンタル】 の続きを読む

略礼服とベストを組み合わせる【八王子に翌日お届けできる礼服レンタル】

日本独自の文化として定着している「略礼服」ですが、少し前まではダブルの礼服が主流でした。 しかし、時代の変化と共に考え方が変わり現在は圧倒的にシングルの礼服が多い状態になりました。 そこで今回はこの原因についてお話します… 略礼服とベストを組み合わせる【八王子に翌日お届けできる礼服レンタル】 の続きを読む

夏は夏礼服、では冬は?【観音寺、坂出なら明日お届け可能】

夏物礼服を購入したときに、もしかしたら冬でも使えるのでは?と思う方もいるかもしれません。   夏服、冬服は明確に分けて販売されていることも多いですが、中にはオールシーズン利用できる礼服も存在します。 &nbsp… 夏は夏礼服、では冬は?【観音寺、坂出なら明日お届け可能】 の続きを読む

喪主は誰が行うべき?【大津市、草津市なら明日お届け可能】

男性はモーニングコートや黒紋付羽織袴、女性であれば黒のフォーマルドレスか五つ紋付きの黒無地着物という、 最も格式の高い喪服に身を包み葬儀の場を仕切るのが喪主の役割です。   身にまとう喪服の用意から始まり、通夜… 喪主は誰が行うべき?【大津市、草津市なら明日お届け可能】 の続きを読む

法事での服装マナー【京丹後、綾部なら明日お届け可能】

法事での服装マナーはその回数によって変わってきます。葬儀と同日に行われることの多い初七日の法要から始まり、 四十九日に初盆、一周忌となるまでは一般的な喪服や略礼服を着て臨むことになります。男性も女性も葬儀で着た服を その… 法事での服装マナー【京丹後、綾部なら明日お届け可能】 の続きを読む

喪服をユニクロで揃えることは可能?【北九州、八幡なら明日お届け可能】

喪服はしっかりと揃えなくてはならない、そう考えている方も多いはずです。 しかし、急な訃報により喪服を用意しなくてはならない場合にすぐに入手できるとは限りません。 急いで喪服を購入しなければならない時、そんな時にはユニクロ… 喪服をユニクロで揃えることは可能?【北九州、八幡なら明日お届け可能】 の続きを読む

百貨店で喪服を購入するときのメリット【花見川、稲毛なら明日お届け可能】

近年ネットショッピングが台頭してきて、どのような商品でも自宅で気軽に購入できるようになりましたが、 喪服に関してはどうでしょうか?ちょっとネットで探しただけでも多くのショップが確認できると思います。 ではもう百貨店や専門… 百貨店で喪服を購入するときのメリット【花見川、稲毛なら明日お届け可能】 の続きを読む

葬儀で便利なサブバッグ【熊野市、いなべ市市なら明日お届け可能】

葬儀に参列する際、礼服と香典と袱紗があれば問題ありませんが、それに加えて 「あると便利な小物」というものが存在します。   葬儀で任されている仕事や当日の気候なども考慮し、いざというときに焦らずに 対処できるよ… 葬儀で便利なサブバッグ【熊野市、いなべ市市なら明日お届け可能】 の続きを読む

喪服に適切なハンカチとは【池袋に翌日お届けできる礼服レンタル】

「葬儀の時ってどんなハンカチを持っていけばいいの?」   礼服の小物を持つ際のマナーとして、バッグやネクタイなどはよく聞きますが、 ハンカチはどのようなものを選択すればよいのでしょうか。   ・単色の… 喪服に適切なハンカチとは【池袋に翌日お届けできる礼服レンタル】 の続きを読む