{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様 こんにちは
 お電話での対応について
土・日・祝は、お電話での対応ができません。お問い合わせは、メールにてご連絡くださいませ。
正礼装と略礼装の違いとマナー
喪服の写真02
喪服は葬式の時に着用する衣服として知られてますが、遺族や親族など喪に服す側は正礼装、一般の参列者側は準礼装又は略礼装となります。正礼装で参列する際の喪服のマナーについては、女性のほうが何かと制限が多く、特に厳しく守りたいのはワンピースの袖丈やスカート丈の長さで、肌を必要以上に露出しないように気を配る必要があります。又、靴の種類についても光沢がない黒のパンプスを選ぶのが正しく、ストッキングの色も同色で揃えるのがマナーになります。ちなみにアクセサリーに関しても、パールのネックレスや結婚指輪以外は何も装着しないのが基本になり、お悔やみの席では地味な装いを心掛けるのが基本です。また、喪服のマナーにおいて、女性がもう1つ頭に入れておきたいのは、1回忌以降の定期的な法要や通夜などに着用する時の略装の仕方です。略礼装の場合、正礼装よりも守らなければならないマナーの制限は若干緩み、黒でなくとも紺や灰色などのアンサンブルやパンツスーツでも構わない事になっています。略礼装なら結婚指輪以外のアクセサリーをつけてても失礼にはあたらないですが、少しでも遺族側に哀悼の意を表したいなら白のパールネックレスを装着するのが望ましく、二連になっているものではなく一連のものを選ぶようにしましょう。このように喪服のマナーの場合、決まり事が男性に比べて細かいので、突然の葬儀の予定が入っても慌てないように、社会人になったら一度は正しい知識を勉強しておきましょう。

正装は、利便性よりも外観が重要視されています。だから普段から正装に慣れていないと、着用の時間が長くなってしまうのです。その場合には、着用に使う時間を多く設定すれば問題ありません。正装を着る時に問題となるのは、マナーが守られていないケースです。例えば葬儀において、喪服のマナーを守っていない人が参列するだけで、会場内の雰囲気が壊れてしまいます。本人が恥ずかしい思いをするだけなら問題ありませんが、喪服のマナーが逸脱されて困るのは主催者側です。死者を弔うという役目を全う出来なくなります。そして時間を作って参加してくれた人には、注意を促し難いという現実的な問題もあるのです。本当に死者の鎮魂や主催者の事を考えるなら、喪服のマナーを事前に勉強してから参加するべきだと言えます。一度覚えてしまえば難しい点はないので、無料配布されている簡易的な冊子にも掲載されている情報です。その冊子は、喪服店や喪服を扱うECサイトで入手出来ます。葬儀へ出席する人の多くは、葬儀用のファッションをした事がないケースがほとんどです。だから多くの人から冊子の存在は有り難いと考えられています。実際に喪服を着て冊子の画像と見比べるだけで、チェック方法として成り立っているからです。
喪服の写真01

喪服の写真03
礼服は、格式の高い順に、正礼装・準礼装・略礼装に分けられています。最近では、大手紳士服店などでは礼服=略礼装(ブラックスーツ)を指すことが一般的になっています。正礼装は、お葬式の際に喪主が着られている場合や、大きい式典で利用される場合が多いです。お昼はモーニングコート、夜は燕尾服として、昼と夜に使い分けされるものですが、現在の日本においては結構曖昧になってます。代表的なものとしてあげるならば、結婚式などは時間帯を問わずにどちらも着用されてます。略礼装は、昼・夜兼用でブラックスーツ・フォーマルスーツも、一般的に略礼服のことの場合がほとんどです。結婚式やお葬式などの時に、親族や身内以外で参列する時の喪服は多くの場合が略礼服で問題ありません。ですが、身内の葬儀の場合などは略礼服で良いかと言うとそうではありません。喪主が何を着るかによっても話が変わってきますが、基本的には身内の葬儀の参列の場合は正礼装と略礼装の間にある準礼装がベターとされています。ただし、地域によっても喪服の認識が違ったりするので、注意が必要です。
現在登録されている商品はありません。