{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様 こんにちは
 大雪の影響による、配送の遅延について
大雪の影響により、配送が行えない地域がございます。詳しくは、こちらをご覧ください。また、全国的に配送の遅延が発生しやすくなっております。あらかじめご了承くださいませ。
喪服のネックレスの選び方
喪服の写真02
女性なら誰でも人前に出る時は、お洒落に気を遣いたくなるものですが、お悔やみの席では、華美なデザインの服装やアクセサリーを着用する事は、故人や遺族に失礼にあたるので、場に相応しい控えめな装いをするのが最低限のマナーになります。又、バッグや靴はエナメルなどの光沢ある素材以外の物なら、少々フリルやリボンなどのデザインが付いていても大丈夫ですが、喪服のアクセサリーを検討する時は「白色」か「黒色」の真珠、又は黒珊瑚の一連ネックレスを選ぶのが賢明です。もし喪服のアクセサリーとして「パール」を1つ手元に持っておきたいなら、百貨店や洋品店を直接訪れて販売員にアドバイスをして貰いながら選ぶのがお勧めで、なるべく鏡の前に座って試着しながら顔の形や肌色に似合う商品をピックアップして貰うとよいでしょう。尚、末永く愛用できて慶弔両面で使えるパールを選びたい時は、ピンクがかったものより白色を選ぶのが一番ベストです。又、髪の毛に付けるアクセサリーに関してですが、髪が長い場合は基本的にコサージュを避けて黒や紺などのヘアゴムで1つに纏めるのが礼儀になりますが、どうしても喪服のアクセサリーをと言うなら、シンプルデザインのバレッタがいいでしょう。ちなみに髪型を綺麗に見せたいなら、弔問向けのシニヨンをマスターしておくと役立ち、動画サイトでも結い方を自分で習う事はできるので、女性で髪が長い人は是非参照にすると良いです。

喪服に合うネックレスの選び方は、清らかなホワイトカラーが1番理想的で、品と質感の良いものを選びましょう。喪服にはパールネックレスが理想的です。品があり、高級感があるパールネックレスを選ぶことが理想的です。理想的な喪服のネックレスは、本貝パールネックレスの8mm前後の大きさのネックレスです。パールの直径が大きすぎては目立つものを避けることが大切です。この喪服 ネックレスはほど良く艶があり、光りすぎず、安っぽくないのが魅力的です。細部が美しく、クラスプが花をかたどっているのがよりおしゃれを演出しています。喪服のネックレスの選び方としては、便利なクラスプはワンタッチ式なものが便利です。何かとバタバタしては慌てることが多い葬儀の準備の時には、このワンタッチ式がとてもスムーズで快適に付けることができて便利です。そのネックレスの長さは42cm前後が理想的です。イヤリングもネックレスと同系色のものを選ぶのが理想的です。パールの色はグレーや黒も可能です。ホワイトの他には、オニキスや黒曜石などのネックレスでも良いです。色は落ち着いた色を選ぶようにするのがポイントで、さりげなく喪服のアクセントとして身に付けられるものを選ぶことが大切です。
喪服の写真01

現在登録されている商品はありません。