{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様 こんにちは
 大雪の影響による、配送の遅延について
大雪の影響により、配送が行えない地域がございます。詳しくは、こちらをご覧ください。また、全国的に配送の遅延が発生しやすくなっております。あらかじめご了承くださいませ。
喪服にあう靴って、どんなもの?
喪服の写真02
喪服の鞄にも、他の小物と同じように気をつかう必要があります。鞄だけではなく、靴やストッキングなども含めて、すべてを合わせなくてはいけないというところは、考えてみるとかなりトータルコーディネート的な意識が必要なことだと気づかれることでしょう。喪服の鞄の一つがふさわしくない物だったというだけで、浮かび上がってしまい、すべてが台無しになってしまいます。喪服用の鞄を考えるときに、まずはサイズということになります。お葬式などの法事が近所ということであれば、荷物も少なくていいですから、鞄も小さくていいはずです。しかし、主な持ち物を挙げると、袱紗(ふくさ)で包んだ香典、数珠、財布、携帯(スマートフォン)、ハンカチ、ティッシュ、エプロン、ストッキング、扇子などですから、それなりの大きさにはなるでしょう。素材や材質は、光沢のないもので、色は黒です。型くずれしない、長持ちする物を選ぶのがいいです。デザインは金具などがないものを選べば、反射して光るということもありません。ブランド名がアピールされているようなものや、華美な鞄は避けます。サブバッグも持っていると便利なのでおすすめです。エコバッグのように使用しないときに折りたたんでおけるようなタイプも使い勝手がよいですが、やはりご自分が使う場合を想像して選ぶようにするのがいいでしょう。雨や雪の多い地方は、撥水加工の喪服用鞄がいいですし、縫製もしっかししているものがいいですよ。

男性と女性の喪服に合う靴の選び方は、光沢がないか、目立たないものを選びましょう。女性の喪服の靴はヒールが低めのものを選ぶのがポイントです。ヒールの高さは3.5cmから5cmほどのものがベストです。つま先が部分が尖っているデザインよりも少し丸みを帯びたものを選ぶのもポイントです。また、派手なリボンや飾りなどが付いている黒い靴よりも、シンプルなデザインのものを選ぶようにしましょう。チェックやドット柄などの柄のあるものではなく、柄のないものを選ぶのも大切です。理想的な喪服 靴はREGALの6835ADです。これよりも更に光沢を消したものも理想的です。男性の喪服の靴もブラックで派手な装飾がなく、シンプルなデザインで先があまり尖っていない靴を選ぶようにしましょう。理想的な靴がイセタンメンズの革底ドレスシューズのストレートチップ(IN-549R)です。ヒールの高さも艶消しの外見と良い、落ち着いているところも理想的です。牛革で上品な印象も理想的です。ハトメが5穴で根式モデルで、ハンドペインティングな甲革も素敵な印象があります。安っぽくなく、高級感があり、喪服を一段と引き立たせるところも理想的な靴です。
喪服の写真01

喪服の写真03
喪服を着る上で気をつけたいのが靴です。足元の事なので意外と忘れがちですが、靴にも注意が必要です。喪服を着る上での基本は、殺生を連想させるために革製の靴よりも布製の黒パンプスが理想です。しかし、入手困難な場合もありますので、ない場合は光沢のない革製の黒パンプスを選んでおきましょう。金具やデザイン、派手な装飾がされた物は避け、出来る限りシンプルなデザインの物を選ぶと良いでしょう。ヒールはペタンコ靴ではなく、3~5㎝程度あり、四角く安定感のある物を選んだ方が無難です。安定した多少のヒールがあることでふらついたりもしませんし、焼香時の立ち姿も美しく見えます。逆に高すぎると華やかになりがちなので控えて下さい。ピンヒールなど静かな場所で足音の響く靴は避けましょう。そして、長時間立つことも考えられますので、サイズや窮屈さを感じない物を選んで下さい。もちろん、サンダルやブーツなどで葬儀に向かうのは止めましょう。新しく喪服と合わせてパンプスを購入するのであれば先は尖っておらず丸い物、そして光沢のないものにしましょう。
現在登録されている商品はありません。