{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様 こんにちは
 一時休店のお知らせ
誠に申し訳ございませんが、諸事情により当面の間休店とさせていただきます。
現時点でご注文をいただいている方については、個別にご連絡を差し上げます。大変ご迷惑をおかけしますが、今しばらくお待ちいただくようお願いいたします。
冬のインナーは何がよいか?
喪服の写真02
寒い時期における葬儀などで、喪服の下にセーターを着てインナー代わりにするという話を間々耳にします。往々にしてそのような服装での参列は重大なマナー違反であるという意見もまたよく聞くところです。しかし、こればかりは真っ向から喪服 セーターを着てはいけないとは言えません。地域によっては慣習そのものも異なりますし、高齢者の方が身体を労わってセーターにスーツのズボンを合わせるということもよくある話なのです。ですから喪服でのセーターの着用については、ケースバイケースで判断してください。ただ、ひとつだけ言えることは、可能な限り他の参列者たちの理解を得られるような形でセーターを合わせる方が無難であるということです。たとえば、Vネックのセーターを着込んで目立たなくするという方法も解決策として有効です。また、色やデザインにしても、叶う限り黒系のシャープな意匠のセーターを選ぶようにしましょう。言うまでもありませんが、他の衣装、または装飾品同様、過剰に派手さが際立ったものは葬儀の際にはそぐいません。あと、細かいことではありますが、ワイシャツの中にセーターを着る場合は、その襟首がワイシャツからはみ出てしまわないように注意して着用するようにしてください。

喪服に関するマナーについてはいろいろと細かいルールがありますが、服装に関しては見解が分かれることも少なくありません。マナーに対する見解がはっきりしないのがタートルネックの問題です。喪服着用時にタートルネックを着こむのはマナー違反にあたるのでしょうか?マナー違反であると主張する人たちの意見は、タートルネックはそもそも普段着であるから葬儀の場にはふさわしくない、二重に折り返すタートルネックではカジュアルすぎる、そもそもセーターは着用するべきではないというようなものです。確かにタートルネックはフォーマルな服装ではありませんから、喪服としてふさわしくないという主張にはうなずけます。一方の喪服 タートルネック肯定派の意見は、タートルネックを着用するのはすでに一般化していて失礼に当たらない、寒い日には暴漢を考えるのが当たり前、過剰な配慮はかえって失礼といったようなものが中心です。マナーの基本的なルールはともかく、寒さ対策といった合理性や現在の一般常識に照らし合わせて問題ないとする意見が中心です。もし着用するのであれば、落ち着いたデザインのシンプルなタートルネックを選びましょう。余計な装飾や飾りがついているタートルネックは喪服としてふさわしくありません。フィット感が高めでシルエットがきれいなタートルネックなら、スタイルが上品にまとまり喪服としても違和感なく決まります。タートルネック単体で着用するのではなく、上着と合わせると喪服にふさわしい装いになります。首元を主張しすぎのは見栄えが良くありませんから、やや短めで首の中ほどまでのタートルネックを選択して下さい。
喪服の写真01

現在登録されている商品はありません。