{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様 こんにちは
 一時休店のお知らせ
誠に申し訳ございませんが、諸事情により当面の間休店とさせていただきます。
現時点でご注文をいただいている方については、個別にご連絡を差し上げます。大変ご迷惑をおかけしますが、今しばらくお待ちいただくようお願いいたします。
葬儀での控えめな化粧とは?
喪服の写真02
薄めの控えめなメイクを「片化粧」と呼びます。具体的には赤みを抑えた化粧の仕方のことで、チークなどで頬に赤みを加えるようなメイクは控えなければなりません。葬儀でのメイクにおいて、故人を悼むための場で血色のいい頬をしていることは、場にそぐわないからです。口紅の赤みに関しては、薄付きのものであれば基本的に問題ありません。片化粧は色身を抑えて行わなければならないので、可愛く見せるのはなかなか困難ですが、気持ち的にはスッピンを綺麗に見せるナチュラルメイクを心がけるくらいがちょうどいいでしょう。しかし、喪服のメイクにはアイシャドウをつけることができません。地味な色味であっても、基本的につけること自体がNGなため、とても目立ってしまいますので気をつけましょう。もちろんグロスやラメの入っているものも使用してはいけません。彩る化粧は喪服には適していません。ですので、スッピンが綺麗に見えるナチュラルメイクが喪服のメイクにはぴったりなのです。今は普段でも化粧気のないナチュラルさを売りにしているメイク方法が流行りになっています。色身を加えることができない代わりに、しっかりとベースを整えて、素肌を美しく見せることを心がけることです。弔事の際のメイクはおしゃれではなくあくまでも身だしなみです。 普段からスキンケアに力を入れて、薄化粧でも充分に可愛く見える肌を手に入れておきましょう。ファンデーションで整えて眉毛を書いて、薄めの口紅をつける、それだけでも美しくなれます。

喪服に合うかわいいメイク術は、ナチュラルで清楚なイメージの化粧をすることが大切です。喪服着用時には、派手で大胆なメイクはしないようにするのがポイントで、アイシャドウからチークはうっすらと塗るようにしましょう。喪服の化粧では、ブラックの地味な喪服に合うナチュラルメイクを心がけるのが大切です。ファンデーションは肌色に近い色にし、薄目に塗りましょう。リキッドファンデーションの方がよりナチュラルに塗ることができるのでお勧めです。チークのその上から淡いピンク系の色をフワッと塗り、眉は黒を意識した色で少し太めにかきましょう。大切なのは口元です。喪服 化粧では真っ赤な色ではなく、淡いピンクにベージュがかった感じのルージュを塗るのがポイントです。ベタっと塗るよりも、小指に付けてフワッと塗ると、より自然な感じに塗ることができます。喪服に合うメイクでは、あまり長すぎるまつ毛も避けたいものです。ドギツイアイライナーで目元をしっかりとかいてしまうのも辞めた方がいいでしょう。ファンデーションを塗る時には下地を塗り、それからひと塗りを意識して塗るようにすると綺麗に塗れます。アイシャドウは塗らない方が、よりナチュラルメイクとなります。
喪服の写真01

現在登録されている商品はありません。