{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様 こんにちは
 一時休店のお知らせ
誠に申し訳ございませんが、諸事情により当面の間休店とさせていただきます。
現時点でご注文をいただいている方については、個別にご連絡を差し上げます。大変ご迷惑をおかけしますが、今しばらくお待ちいただくようお願いいたします。
和装での理想的な髪型
喪服の写真02
和装での喪服を着たときに理想的な髪型は、地味過ぎず華美になり過ぎない一貫して落ち着いて見えるスタイルが一番ベストになります。今は美容院に行けば着付けとセットで和装用の髪型を上手にスタイリングしてくれる所もありますが、なかなか多忙で行く時間がない人は自分1人で簡単にアレンジできるヘアスタイルを何個か覚えておくのがお勧めです。もし髪が長ければ、少々頭を動かしても崩れにくいシニヨンにするのが賢明で、ポニーテールで束ねるより気持ち低い位置で纏めるようにするのがマナーです。ちなみにシニヨンの纏めスタイルは、手先が不器用な人でも本や動画サイトは良い教材になって比較的簡単にマスターしやすいです。又、喪主側の親族で葬式に立ち会う時は弔事や挨拶で度々お辞儀する事が多くなるので、前髪やサイドの髪はスプレー剤などで頑丈にセットしておくと安心です。そしてネット付きのバレッタでお団子を作った髪を纏め上げるのも、シニヨンと並んで和装の喪服着用時の髪型としては、全く違和感がないスタイルです。ちなみに和装の喪服を着る場合は茶色などの明るい髪色は似つかわしくなく、喪主の遺族側や周囲の参列者にも失礼にあたるので、一時的に染色効果のあるヘアスプレーやマニキュアを使って黒色にきちんと染め直すように配慮しておきましょう。

普段から髪型に意識を向けている人も、葬儀におけるヘアスタイルに不安を抱きます。なぜならヘアスタイルが場所の雰囲気に合致しないと、周囲から浮いてしまうからです。葬儀において主役となるのは弔われる人物であるため、参列者や主催者ではありません。主催者側の立場であり進行役を務める喪主に関しても、模範となる格好が求められます。つまり周囲から浮いてしまうヘアスタイルは、葬儀において需要は存在しないのです。だから和装の喪服を着たときの髪型の画像が充実しているコーディネート集が重宝されています。喪服のコーディネート集は商品を売っている店舗で無料配布されていますが、モデルの頭部まで映っているのです。それを参考にするだけで知識が全く無い状態よりはマシになります。そして仮にコーディネート集に不足があれば、喪服を着ている髪型画像の多数の例が載っている専門誌を購入すべきです。専門誌には様々な髪の長さを持つモデルが登場しています。専門誌に掲載されているページを全て閲覧すれば、特殊な髪の切り方をしていない限り実現可能な髪型は発見可能です。葬儀ではヘアスタイルの統一感も重要であるため、普段は髪型を意識していない人も和装の髪型の情報を見て参考にするケースは多いと言われています。
喪服の写真01

現在登録されている商品はありません。