{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様 こんにちは
 オリンピックに伴う配送遅延の可能性について
7/13~8/8の期間は、オリンピック期間中の為、各競技会場の周辺で配送に遅延が発送する可能性がございます。あらかじめご了承くださいませ。
葬儀での帽子の着用はOK?
喪服の写真02
洋装において、女性の喪服を着ているときにかぶられる帽子は専用のトークハット(トーク帽)と呼びます。欧米の映画やドラマの葬儀のシーンに出てくる、ツバの無い小さな帽子です。起源はトルコの男性が被っていたトルコ帽が発展してきたと言われています。日本の一般的な葬儀で着る喪服は、正喪服、準喪服、略喪服と分けられて、葬儀の際に正喪服・準喪服は遺族・親族が着用、準喪服・略喪服は一般参列者が着用と分けられています。実は喪服の帽子を着用する場合は「正喪服」の時と限られているのです。一般の参列者が正喪服の格好をしますと、遺族側よりも格上という立場になってしまいマナー違反になってしまいますので、くれぐれもご注意下さい。また正喪服として喪服の帽子を着用するのであれば、手袋は必需品となります。黒のレースの短めの手袋、こちらはセットですので必ずご用意下さい。女性用の帽子は室内でも取り外す必要はありません。ご自宅で被られたら、ご自宅に戻られるまで付けたままでいて下さい。たとえ身内の葬儀であっても、洋装の喪服に黒のトーク帽と黒レースの手袋はなかなか馴染みの無いものです。葬儀の際、お洒落をしていると取られないように、ご親族の方に事前に打合せをされた方が安心と思われます。

喪服の帽子を着用する人が、近年増加傾向にあります。これは様々な外国の文化を取り入れた事で、葬儀のファッションにも影響が生じているという事です。しかし日本では古来より喪服の帽子を利用する習慣はありませんでした。慣れない事を個人の考えで進めようとすると、往々にして失敗に至るものです。だからコーディネート集の様な参考資料が便利だと言われています。喪服の着こなし方について詳細に書かれているので、喪服の関連商品の購入の失敗確率が低くなるのです。葬儀において不格好な人は死者に対する敬意が足りないと見なされます。つまり主催者側だけでなく主役である死者にも迷惑を掛けてしまう事になるのです。この考え方は、礼節を重んじる事は日本においてたいへん重要視されています。だからこそ「喪服の帽子について」の参考資料は需要が高まっているのです。最も情報が充実している参考資料は購入出来るものですが、多少興味を持った程度であれば無料配布されている資料で十分だと言えます。コーディネートの情報や商品の概要が掲載されている喪服に関する情報誌は、インターネットや現実の店舗で入手出来るのです。喪服に関して自信が無い人の多くが手に取り参考にしています。
喪服の写真01

現在登録されている商品はありません。