{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様 こんにちは
 一時休店のお知らせ
誠に申し訳ございませんが、諸事情により当面の間休店とさせていただきます。
現時点でご注文をいただいている方については、個別にご連絡を差し上げます。大変ご迷惑をおかけしますが、今しばらくお待ちいただくようお願いいたします。
夏用の喪服ってあるの?
喪服の写真02
夏用の喪服があるのを御存知でしょうか。ひと昔前までは、喪服はオールシーズン同じ1着で済ます人が普通でした。ところが、最近の夏は暑いですからね。お盆の時期の暑さは、オールシーズンの喪服では耐えられないほどになっています。しかし、夏用の喪服であれば、最新の素材が使われていたり、デザインなども夏の暑さ対策がされているので、とても快適です。また、どうしても汗をかいてしまいますが、夏用の喪服であれば洗濯機で洗うことができる「ウォッシャブル」タイプのものもあります。女性の方であれば、ウエスト切り替えなしのワンピースであれば夏でも涼しいですし、立ち襟(スタンドカラー)の喪服であれば、薄い生地の夏用喪服であってもフォーマル感を出すことができます。ただし、お葬式などで冷房が効いている会場では寒いこともあるため、ジャケットやカーディガンがあった方がいいかもしれません。基本的に喪服は肌の露出を抑えるのがマナーですが、7分袖や5分袖の夏用喪服も販売されています。人気のある夏用喪服は、着脱がしやすい前ファスナー開きのワンピースです。透け感がある生地であれば、着ている本人だけではなく、見た目にも涼しい印象を与えることでしょう。

あえて不謹慎な言い回しを使わせていただきますが、人の死というのはいつ起きるか決まっているものではありません。冬場だけではなく、夏場に亡くなる方もおられます。夏に冬用の喪服を着用するのはマナー違反でこそありませんが、冬用の喪服では暑くてしかたがないでしょうし、万が一熱中症で倒れてしまうと、遺族のみなさんに迷惑をおかけしてしまいます。万が一に備えて夏用の喪服も持っておく方がいいのですが、どういうものを選べばいいのでしょうか。「喪服 夏用」で検索をかけて調べてみましょう。「喪服 夏用」で検索をかけて分かることのひとつは、喪服はできるだけ肌を出さない方がいいということです。男性の場合は上着もシャツも長袖です。女性の場合でも、さすがに長袖は暑いでしょうが、それでも五分袖までにしておくのがいいでしょう。一般的なブラックスーツの中には袖が短すぎたり、胸元が大きく開いていたりするものがあります。そういうものは葬儀の席にはふさわしくありませんので、やめておきましょう。どういう商品があるかについては「喪服 夏用」で検索をかければ通販サイトやショッピングモールサイトの該当ページがヒットしますので、その中から選ぶのもいいかもしれませんね。
喪服の写真01

現在登録されている商品はありません。