{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様 こんにちは
安い喪服と高い喪服の違いは?
喪服の写真02
年中使うものではないからこそ、安い喪服にするか高い喪服にするかで頭を抱えてしまいますね。しかし、喪服は金額により、見た目からして品質の善し悪しが見えやすいものです。通販や、量販店などの喪服は素材もペラペラであることが多く、縫い方も雑であったりします。また色合いも、10万円前後の喪服であれば、まごうことなき深い黒色ですが安いものになると、黒がだんだんと薄くなっていきます。確かに、金額が高くなれば素材が良くなるのは、当たり前です。そういった良いものを買えたら、それにこしたことはないけれど、金銭的に難しい・・という意見もあるかもしれません。百貨店などでは、年に数回セールの時期が到来します。この時期に必ずブラックフォーマルのセールも行われます。その時期に合わせて新しい喪服を買えば、本来高いものを、安価で手に入れることができます。まずは、安い喪服の実物と、高い喪服の実物を自分の目で確認することをおすすめします。その素材の違いに気が付けば自ずと、良いもの=高いものを購入したいと思うようになるのではないかと思います。先ほど申しましたように セールで購入すれば、ときに半額にまで安くなることもあります。こうした機会を逃さずに、購入してみてはいかがでしょうか。

何を買うにしても、安いものと高いものには明確な違いが存在します。もちろん闇雲に高ければ何でも良くて、逆に安いものはすべて粗悪品というわけではないのですが、やはりある程度の値段がつけられている商品には、それなりの品質が担保されています。これは喪服に関しても言えることで、安い商品のそれを買うよりは、断然高いものを買った方が長持ちもしますし、何よりその着心地が如実に違ってきます。そもそもこういった冠婚葬祭用の衣服は短期的に使用するものではなく、一生かけてその折々に袖を通すものです。すぐに生地が傷んだり、直しにも出せないような有様となってしまってはそもそも経済的にも本末転倒です。高い喪服にはやはり良い生地が使われ、丁寧な精度の良い仕立てが行われていますので、着用した際のフィット感が心地良く、たとえ長時間着続けていたとしても余計な疲れを感じにくくなっています。喪服を購入する場合は、そうした点を重視し、安いものではなく高いものを買った方が賢明です。
喪服の写真01

現在登録されている商品はありません。